目次

歯科で歯並びを矯正する方法には色々ありますが、その中の1つに裏側矯正があります。
裏側矯正は舌側矯正と呼ばれることもあり、一般的な歯の表側に装置を取り付ける矯正方法とは異なり歯の裏側に矯正装置を取り付ける方法になります。
裏側矯正(舌側矯正)のメリットを挙げると、矯正装置が目立たないので見た目がきれいということです。
矯正治療中であることを気付かれにくくなります。
歯並びを良くしたいとは思っているものの、矯正装置の見た目が気になるため治療をためらっている人におすすめです。

裏側矯正は虫歯になりにくい?

歯の模型

裏側矯正には虫歯になりにくいというメリットもあります。
矯正治療を行っていると矯正装置を取り付けている部分が上手く磨けずに虫歯になってしまうことがありますが、歯の裏側は表面に比べて虫歯になりにくいとされています。
なぜかというと歯の裏側は、表面よりもエナメル質が3倍も厚くなっているからです。
歯の硬い層であるエナメル質が厚いことで、細菌が作り出す酸に強くなっています。
また、歯の裏側は唾液が循環しており、虫歯の原因となる細菌が増殖しにくい環境です。
唾液には殺菌作用や静菌作用があることが分かっています。
そのため、歯の表側に矯正装置を取り付けるより裏側に取り付ける方が虫歯になるリスクを減らすことができます。
勿論、歯の裏側につけたからといってそれだけで虫歯を防げるわけではありません。
きちんと歯磨きをすることが重要です。

それから裏側矯正には、前歯を後ろに移動させる際に前歯が移動しやすくなるというメリットもあります。
これは歯を抜くことでスペースをつくり、その分だけ前歯を後ろに移動させて歯並びを良くするという矯正方法になります。
出っ歯を矯正するのに効果的な方法です。
奥歯を固定することで前歯が後ろに引っ張られていくのですが、表側矯正の場合には奥歯の方が前に移動してしまうことがあります。
それが裏側矯正の場合には奥歯をしっかりと固定することができるので、前歯を後ろに引っ張りやすくなります。
歯が前に出ているのを引っ込めたいといった際に適した矯正方法です。

ただし、裏側矯正には発音がしづらくなったり、食べ物が食べづらくなるといったデメリットがあります。
矯正装置が舌に触れ、違和感を感じることもあるようです。
装置を取り付けた当初は大きな違和感を感じますが、徐々に慣れてきます。
それから裏側部分の歯磨きがしづらくなるといったデメリットもあります。

裏側矯正の費用と期間

歯医者選びに悩む女性

裏側矯正にかかる費用は歯科クリニックによっても異なりますし、歯の状態によっても異なっています。
ただし、裏側矯正の費用は、表側矯正に比べると割高になるのが一般的とされています。
どうして費用が高くなるのかというと、歯の裏側は表側に比べて形が複雑なので、一人一人に合わせた矯正装置をオーダーメイドで作成する必要があるからです。

また、裏側矯正には高度な技術が必要とされています。
歯の裏側は見えにくいので、矯正装置のワイヤーなどを微調整するには高度な技術がないと行うことができません。
そのため裏側矯正を専門とする歯科クリニックなども存在しています。
裏側矯正にかかる費用は、表側矯正の大体1,5倍と言われています。
一般的な表側矯正にかかる費用を見てみると、80万円から100万円程度必要となる歯科クリニックが多いようです。
それに対して裏側矯正をする場合には、100万円から150万円程度必要となる歯科クリニックが多くなっています。
裏側矯正をする際にかかる期間は歯並びの状態によっても違いがありますが、短くても1年半はかかります。
長い期間かかる場合には、3年程度かかるとされています。
表側矯正に比べると、期間は長くなるようです。

裏側矯正する際の病院選び

歯医者で施術を受ける男性

裏側矯正専門の歯科クリニックなど高度なテクニックを有するところでは、一般的な矯正とさほど差がない場合もあります。
歯並びの矯正で裏側矯正にすることを検討している場合には、実績や経験が豊富な歯科クリニックを選ぶことが重要です。
矯正治療ができる歯科クリニックは多数存在していますが、裏側矯正の実績や経験が少ないところも多くあります。
矯正歯科クリニックと謳っていても、表側矯正ばかりを行っているというところも少なくありません。
歯の裏側には凹凸があるので、フラットな表側に比べて矯正装置を取り付けるのが難しいとされています。
ですから高度な技術を持つクリニックでないと、仕上がりに満足できないといったことも起こりがちです。

単純に高品質な矯正治療を受けたいと考える場合は大阪府吹田市の歯医者に頼ることを推奨します。
吹田市にはかつて住んでいたこともあり、その時に矯正治療を行いました。
とても親切丁寧な対応、明瞭簡潔な説明で安心して治療を受けることができました。
大阪周辺にいる方で矯正治療を検討されているなら聞くだけでも足を運ぶ価値はあるでしょう。

また、最近では矯正装置も進化してきています。
裏側矯正では歯にブラケットを取り付けてワイヤーでつなげ、ワイヤーを締めていくといった矯正が行われます。
以前はブラケットの突起部分が大きく、舌に当たって違和感を感じやすかったのですが、最近では小型で薄いタイプのブラケットも登場しています。
表側矯正に比べると裏側矯正は矯正効果が劣ると言われていましたが、ワイヤーの性能が向上したこともあり、同じ効果を実現できるようになりました。