もし金属アレルギーなら、インビザラインで歯科矯正

肩こり

歯並びの悪さは見た目も気になりますし、噛み合わせの悪さは食事がしづらく、肩こりや頭痛などの体の不調を引き起こす可能性もあります。
それゆえ、矯正治療はしっかりと行っておきたいものですが、一般的な歯列矯正ではワイヤーやブラケットを取り付けることとなります。
この方法は装置が目立つのがデメリットですが、この他にも金属アレルギーのために装置が装着できないという悩みを持つ人も少なくありません。
歯列矯正の治療期間は長期に及ぶことが多いので、長く金属を取り付けるとなると健康への影響は気になるところです。

歯列矯正も日々進化しており、新しい矯正方法も続々と登場していますので、金属アレルギーの人も安心して利用できる矯正方法を選んでおきましょう。
最新技術ではマウスピースを活用したインビザラインは特に注目されています。
まず、マウスピースは金属を使っていませんので金属アレルギーがある人も安心して治療を受けることができます。
ワイヤーのように目立つ心配はありませんので、目立たない矯正治療を行いたい人にも人気の施術です。
インビザラインは透明となっていますので、近くで見られても目立たないので接客業などの人と多く関わる仕事の人にも安心です。
一般的な矯正装置は一度装着すると長く着けたままとなり、自由に取り外しはできませんが、インビザラインは好きなときに取り外しができるのもメリットです。

インビザラインによる矯正は誰でもできるというわけではなく、症例によっては対応できない場合もあります。
まずは診察や検査を受け、こうした方法で歯を動かせるか確認してもらいましょう。
治療が可能であれば装置を作成することとなりますが、インビザラインなら最初にすべてのマウスピースを作成することができますので、何度も作り直す必要がないのもメリットです。

通常の治療では食事も装置をつけたまま行わなくてはいけませんので食べづらいという悩みもありますし、歯磨きも装置の上から行う必要がありますので、磨き残しもしやすく清潔を保つのが難しいという問題もあります。
さらに、磨き残しがあると治療中に虫歯になってしまうリスクも高まりますが、インビザラインなら取り外して歯磨きを行うことができますので、清潔が保ちやすいのもメリットです。
歯をきちんと磨けることはもちろんですが、装置を丸ごと洗うことができるのも衛生的です。
洗う際も専門の洗浄液につけておくだけですので毎日のお手入れも簡単です。