部分入れ歯よりインプラントがおすすめ

インプラント

歯は一生大切にしたい部分であり、それはたくさんの役割があるからです。
食事をするときに噛み心地を感じ、噛むことで消化をよくして、栄養の吸収を助けます。
会話や表情にも歯が役立っていて唇や舌の動きとともに正しい発音になり、正しい歯並びと顎の成長によって表情も豊かになります。
他にも力を入れるときに歯を噛み締めることで瞬発力を生み出します。
毎日当たり前のように使っている歯ですが、歯を失ってしまうとこれら食事や会話にも影響が出てしまい、運動能力も低下させて老けた印象を与え、口元が貧弱に見えて印象も悪くなります。

歯は全部揃っていてその役割を発揮することになるので、1本くらい失っても問題ないと考えるのはよくありません。
早めに治療をすることが大切です。
部分的に治療をする場合は入れ歯もしくはインプラント治療となります。
実際どちらの治療を行うか悩んでしまうこともありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。
インプラントと部分入れ歯の大きな違いは手術の有無があります。
部分入れ歯は口の中に手術や処置を行うことはなく、歯茎の上に取り付けるという方法です。
しかしインプラントは顎の骨にインプラント本体を埋め込むために外科的な手術を行います。
またインプラント治療の費用は、保険適用にならないために負担はどうしても大きくなります。

部分入れ歯は比較的簡単に治療をすることができるというメリットがあります。
歯茎の上に取り付ける方法のためバネで両側の歯に引っ掛けるという方法が一般的です。
そのため動いてしまったり外れてしまうこともあり、違和感を感じるといったデメリットがあります。
また入れ歯と歯茎の隙間に食べ物が残ってしまい臭いになります。

最近はバルプラストという方法があります。
バルプラストはバネで引っ掛けて固定するのではなく、ナイロン系の素材で取り付けるため入れ歯であることがわかりにくい、違和感も感じにくいという特徴があります。
インプラントは顎の骨に本体を取り付けて、それを歯根として人工の歯を取り付けるため自然の歯と同じ感覚で使用することができます。
周りの歯に負担をかけることもなく顎の骨としっかり結合することで固いものでも噛むことができます。
インプラントは寿命が長いというメリットもあります。
しっかりとメンテナンスを行い検診やケアするとほぼ永久的に使うことができることもあります。
費用負担は大きいですがその分長く使うことができます。